インスタ映えする上手な写真の撮り方

インスタ映えする上手な写真の撮り方とは

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

インスタでも人気の写真とは

普通に何も考えず撮った写真は、ただその空間をコピーしただけのようなもの。 ちょっとした簡単な工夫をすることで、写真が苦手な人も簡単にインスタ映えがする写真が撮れるようになります。 家族や友達のみ公開でシェアするのもいいし、世界に公開してシェアしても。 上手に撮影してたくさんの人に見てもらいたいですね。

写真を撮ったら自分で編集してみよう

単純に撮った写真でも自分で簡単に編集ができます。 顔色を明るくしたり、少し目を大きくしたり、体型も少し変えて見る事も可能です。 自分好みに変える事ができる編集アプリがたくさんあります。 予めスマホに搭載されている編集機能を使う事からまずは始めてみましょう。

インスタ映えがする写真は手軽に加工

最近人気なのが、撮影するときからすでに加工がされているアプリです。 それを使えば、可愛くもカッコよくも撮れちゃいます。 面白くも撮れるので、まさにインスタ映えがする写真が撮れます。 冗談半分でおもしろおかしく、みんなで撮影してみましょう。 簡単に色々なキャラに変身できてしまいます。

素敵な写真を載せてみんなに見てもらおう

幅広い世代に人気のインスタグラム。
大人も子供も楽しめる、SNS。
好きな写真を投稿してたくさんの人とシェアして、知らなかった情報が手に入るのも嬉しいところ。
日常から非日常的なものまで、なんでも好きなものを載せられます。
インスタ映え、などという言葉が生まれる程、写真が誰でも手軽に撮影できるこの時代にマッチしたアプリですよね。

手軽にいつでも写真が撮れるとなると、素敵な写真を撮りたくなると思います。
プロじゃなくても大丈夫。
ちょっとしたコツをつかめば、誰でもいい写真が撮れるのです。

写真を撮る時に大事なのは、配置と背景。
まずはこれを意識してみましょう。

何かを写す時、うっかり余計な背景が映り込むのは残念な写真になってしまいます。
場所を選んで、背景は単色がオススメ。
撮る対象物が映えます。

配置は絵を飾るような感覚で、フレームの中に入れていきましょう。
必ずしも真正面でなければいけないという事はありません。
ナナメにして躍動感を出したり、真上から撮ってみたり。
わざとアップにして端に移したり。
少しはずした感じにするとアート感も出てきます。

全体をうつすのか、ズームするのか、色々試してみてください。
ひかりの加減も意識してみましょう。
明るすぎるのも不自然になることがありますので、フラッシュなどは最低限のものにしましょう。

ピントを合わせる事も大事ですが、慣れるまでは身近なものは、わりと大きくアップにして撮っていく事から慣らしていきましょう。